04:56 2018年08月22日
クリル列島のエベコ火山から高さ2.5キロの噴煙柱

クリル列島のエベコ火山から高さ2.5キロの噴煙柱

© Flickr/ Kirill ΞΚ Voloshin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

クリル諸島北部のパラムシル島にあるエベコ火山が高さ2500メトールの噴煙柱を上げた。8日、カムチャッカ火山噴火反応グループ「KVERT」が発表した。

スプートニク日本

発表では、「火山灰の煙は北東方へ65キロの範囲に広がった」と述べられている。

噴出は繰り返される可能性があり、オレンジの危険レベルが発表されている。セベロクリリスクの北西7キロに位置するエベコ火山は、2016年11月に活動を始め、それ以来、定期的に火山灰を噴出している。

火山関連ニュースはこちら

関連ニュース

カムチャッカのカリムスキー火山2.5千メートル超の噴煙

グアテマラ火山噴火、死者159人に

タグ
火山, クリル諸島, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント