20:25 2018年10月21日
スマートフォンを使っている女性(アーカイブ写真)

自殺ゲーム「Momo」、各国で警鐘 ゲームの内容とその危険性を解説【写真】

CC0 / Pixabay/marcino
災害・事故・事件
短縮 URL
0 48

メッセージアプリ 「WhatsApp」でメッセージを送受信できるМомоという少女は、相手のあらゆる情報を不思議な力で知ることができる。新たな都市伝説がロシア語含む様々な言語でSNS上で噂になっている。

スプートニク日本

Momoについての話はスペイン語ネットで出現した。それによると、黒髪にむき出しの黒い目と頬骨までブーメラン状にパックリと開いた口をした恐ろしい女性とWhatsAppでコンタクトを取ることができる。彼女は相手の母語でメッセージを送り、恐ろしい内容を送ってくる。この話は7月中旬、英語ネットでも活発に流布するようになった。

まもなくアルゼンチンの当局が、12歳の少女の死因としてMomoとコンタクトを取っていたことを検討。だが、これは以降の進展を見せず、この説を裏付ける一切の公式情報は出ていない。

一部メディアは、Momoが暗い地下室に降りることや、喉にナイフを突きつけるなどの課題を相手に出すとして、2016年にロシアで猛威を振るった自殺ゲーム「青い鯨」と比較する記事もある。

ロシア含む各国でメディアは警鐘を鳴らすが、現在ロシア語圏のSNSで確認できる限りでは、お互いにMomoとのチャットのスクリーンショットをシェアし、Momoをからかったりジョークの種にしているのが現状だ。

また、Momoとして紹介される女性は、日本のLINK FACTORYの相蘇敬介さんの創作物。だが、相蘇さんはこのアカウントと一切関係がない模様。

関連記事・ニュース

タグ
事件, びっくり, ゲーム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント