00:33 2018年12月13日
雷

落雷に遭った米国人少年、当時の状況を語る

© AFP 2018 / Yasser Al-Zayyat
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30

雷に打たれた米国人少年が、米ABCの報道番組「グッド・モーニング・アメリカ」で当時の状況を語った。

スプートニク日本

13日、少年(13)はアリゾナ州にある公園で友人と散歩していたところ雷に打たれた。少年は衝撃により地上3メートルほどの高さまで投げ出され、心肺停止状態に陥ったものの、通行人により発見され心肺蘇生が行われた。少年はその後病院に緊急搬送され、心肺停止のほか、頭蓋骨骨折、脳震盪、足のやけどを負っていることが分かった。

少年は、「3日後に病院で目が覚めた。ただ眠っていただけだと思ったんだ。3日も病院にいたなんて思いもしなかったよ。急に暑くなったと思ったら、意識を失ったんだ」と当時の状況を振り返った。

少年はまた、散歩中に手に持っていた「スケートボード」が大量の電流を地上に放電し、命を救ったと述べた。一方で少年の母親は、まさにそのスケートボードが落雷に遭った原因になったとしている。

関連ニュース

機内で「生肉」提供? 英国人旅行家が航空会社に不満あらわ

オランダの駅 爆弾電話のあと全員避難

タグ
事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント