10:15 2018年09月21日
ソチの航空機火災 乗客が当時の状況を語る

ソチの航空機火災 乗客が当時の状況を語る

© Sputnik / Nina Zotina
災害・事故・事件
短縮 URL
0 20

ソチ国際空港に着陸したUTエアーのボーイング737-800機で1日、火災が発生した。乗客の1人であったリナート・ヤクボフ氏がロシアメディアに当時の状況を語った。

スプートニク日本

ヤクボフ氏によると、パイロットはソチの悪天候を伝えるアナウンスを出していた。着陸進入の最終段階に入ることも困難で機長は何度かゴーアラウンドを繰り返していた。着陸は無事成功したかに思われたが、機体は傾いていた。

ヤクボフ氏は、「乗客は事故が起きたことをすぐには把握できていないようだった。着陸時には拍手まで起こっていた。しかし、間もなくして機体が傾いた。機長は火災が発生したため緊急避難が必要であるとアナウンスした」と語った。

ロシア運輸省によれば、悪天候の条件下で着陸した機体は滑走路からはみ出し、滑走路終端から200メートルほどオーバーランした。これにより機体は大きな損傷を受け火災が発生した。機内には乗客164人、および客室乗務員6人が乗っていた。犠牲者はいないものの、18人の負傷者が出ている。

関連ニュース

警官が有名な米国人女優を射殺=何が起こったのか?

Fox:米国で、学校銃撃に向けて子供たちを訓練していた容疑で5人が逮捕される

タグ
飛行機, 事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント