16:33 2018年09月23日
ロシアにある工場(アーカイブ写真)

クリミア 化学汚染ゾーンから4千人超の児童を避難

© Sputnik / Andrey Iglov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 06

クリミア北部で化学物質が大気中に放出され、4千人を超す児童が国の負担で保養施設へと収容された。クリミア共和国のセルゲイ・アクショーノフ首相が明らかにした。

スプートニク日本

アルミャンスク市では9月4日、大気中の二酸化硫黄濃度が基準値を上回った。市民からは数日間にわたって鼻を突く臭気がするという苦情や、呼吸困難、発熱、発疹症状の訴えが寄せられた。また駐車していた自動車は錆びの塵で覆われた。

この事態を受け、当局はアルミャンスク近郊の化学工場「クリムスキー・チタン」に2週間にわたる稼働停止を命じている。生産ラインの完全停止は9日にも行われる。

クリミア共和国政府は汚染地域からすでに4千人を超す児童の避難を行った。子どもたちは保養所に収容され、専門家による健康診断が行われる。また低学年の児童は親たちとともに避難した。

ロシア捜査委員会は環境に有害な物質や廃棄物の取り扱い規則に対する違反があったとして、刑事事件としての捜査を開始した。

有害物質が放出された原因は、現時点では「クリムスキー・チタン」工場で使われている酸のアキュムレーターの堆積物が蒸発したものと見られている。

問題となった酸のアキュムレーターは人工的な貯水池で、そこに「クリムスキー・チタン」工場他、数か所の化学企業の産業廃棄物が流れ込む仕組みとなっている。従来、貯水池は水をたたえていたため、蒸発に至る事態は起きていなかった。ところが2014年、クリミアのロシアへの再編成後、ウクライナ政府はドニエプル川からの運河を遮断したため、猛暑から水位は徐々に下がっていったと見られている。

関連ニュース

なぜ雨と暑さは「延々続く」ようになったのか?気候学者らが説明

露北部のノリリスクで赤い雨【写真】

タグ
子供, 環境, 事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント