14:08 2018年09月25日
イドゥリブ(アーカイブ写真)

シリア、イドゥリブ住民が告発 シリア軍が化学攻撃と見せかける煽動が準備

© AFP 2018 / Omar Haj Kadour
災害・事故・事件
短縮 URL
2517

イドゥリブの住民からの情報によれば、現地ではすでに「シリア軍による化学攻撃が行われた」という設定で煽動用の撮影が開始されている。ロシアのシリア敵対方面和解センターの声明で明らかにされた。

スプートニク日本

住民らの情報によれば、シナリオではあたかも「シリア軍がいわゆる中毒物質の入った「樽状空爆」、つまり化学攻撃を行い、その後、ジルス・エシュ・シュグルの住民に『ホワイトヘルメット』が救援活動をする」の図が仕立てられている。

偽造場面の撮影や「ホワイトヘルメット」による招集が「わざとらしくなく」仕上がるために、ジルス・エシュ・シュグルでは11日午前、ヘルベト・エル・ジャウズ居住区から塩素を土台とした中毒物質を入れた2つの容器が運び込まれた。

関連ニュース

「ピンク・フロイド」のメンバーが痛烈批判 「ホワイト・ヘルメット」はフェイク組織

アサド大統領、ホワイトヘルメットをテロリストとみなす

西側諸国、2日以内にシリアで化学攻撃の演出を予定=ロシア国防省

タグ
事故, 事件, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント