09:05 2018年10月23日
米「露軍機はイスラエルによる空爆を撃退中のシリア防空部隊により偶然撃墜」との報道

米「露軍機はイスラエルによる空爆を撃退中のシリア防空部隊により偶然撃墜」との報道

© REUTERS / Ibraheem Abu Mustafa
災害・事故・事件
短縮 URL
2317

ロシア軍機「イリューシン20」について、シリア政府軍の防空部隊によって偶然撃墜されたと米政府では考えていると、状況に詳しい米指導部筋の話としてCNNテレビが18日に伝えた。

スプートニク日本

同筋が述べたところでは、ロシア軍機は「数年前にロシアがシリアに売却した、シリア防空部隊の設備によって」非意図的に撃墜されたという。

同筋による情報では、大惨事が起こったのは、シリア領に対して発射されたイスラエル軍の複数のミサイルをシリア軍が撃墜しようと試みていた時だった。

また、ラタキア県内の目標に対してミサイル攻撃を行っていたイスラエル軍の「F16」戦闘機4機に対して、シリア軍の防空設備が発砲していたと、同筋の話として伝えられている。

さらにもう1人の米国内筋は同テレビに対し、17日夕方に伝えられたシリアへのミサイル攻撃について、イスラエル空軍によって実際に実施されたと確認した。

ロシア国防省の情報として伝えられたところでは、軍人14人が搭乗していたロシア軍の偵察機「イリューシン20」が、イスラエル軍航空隊による対シリア攻撃とフランス軍艦からのミサイル発射の際に地中海上空で行方不明となった

タグ
事件, シリア, ロシア, イスラエル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント