16:29 2018年10月20日
ハッカー

大阪の取引所「Zaif」から67億円分の仮想通貨が流出

© Sputnik / Natalia Seliverstova
災害・事故・事件
短縮 URL
142

大阪に本社を置く「テックビューロ」が運営する仮想通貨交換所「Zaif」がハッキング被害に遭い、約67億円分の仮想通貨が流出した。ジャパン・タイムズがテックビューロの発表を基に報じた。

スプートニク日本

ジャパン・タイムズによると、会社はハッキングのあと、サービスを一時停止。正確な被害額は現在特定中だ。

流出したビットコインなど仮想通貨の約45億円分は、顧客から預かっていた資産だという。

テックビューロは、攻撃はおそらく先週金曜日に実行されたと説明。

だが、不審な資金流出が確認されたのは月曜日になってからだという。

関連ニュース

ハッカーは米当局のツールを使って仮想通貨を秘密裏にマイニングしている

アップルのサーバー、高学年生ハッカーを前に持ちこたえられず?

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ハッカー, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント