14:39 2018年10月20日
カナダ、警察(アーカイブ写真)

悪魔とハルマゲドン:裸のエホバの証人の信者が「世界の終わり」から救うために隣人3人を拉致【写真】

© Depositphotos / Yelo34
災害・事故・事件
短縮 URL
0 111

カナダで、世界の終わりから逃げてきたと主張する裸のエホバの証人の信者らが、隣人を拉致し、交通事故を起こして逮捕された。ガーディアン紙が、カナダのマスコミの情報をもとに報じた。

スプートニク日本

1人の女性が娘2人(未成年)と一緒にアルバータ州レダックに住む甥(27)とその妻(30)を訪ねた。それから3日後、5人は聖書における「患難時代」に生きていると考え、自分たちは危険にさらされていると判断し、急いで家を出た。母親以外の4人は服を着るのが間に合わなかったほど急いだという。なお5人は3日間何も食べなかった。5人はBMWの車で出発する前に、隣人も「助ける」必要があると考え、隣人の男性とその成人した娘とその子供3人を力づくで連れ出し、一緒に出発した。

隣人たちは自動車の速度が落ちた時に逃げだした。近くを通ったトラックの運転手が、靴を履かずに怯えている人たちに気づき、3人は救出された。

その後、BMWは事故を起こし、警察が車に乗っていた5人を外に連れ出そうとしたが、5人は、これは警察ではなく、自分たちを殺そうとしている悪魔だと信じ、頑なに拒否した。

ガーディアン紙によると、このような奇妙な出来事の原因は、アルコールあるいは薬物の可能性があるが、公式文書には一切記載されていないという。

関連ニュース

タグ
エホバの証人, びっくり, 怖い, 宗教, 事件, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント