15:06 2018年10月24日
ゴミ

チェリャビンスクで非常事態宣言 ゴミ搬出問題が原因

CC0 / Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
102

チェリャビンスク市当局が、ゴミ用コンテナ置き場からゴミが長期間搬出されていないことが原因で、市内に非常事態体制を導入したと、同市行政府の広報部が25日に発表した。

スプートニク日本

地方検察庁の情報によると、チェリャビンスクでは生産・消費廃棄物の取り扱いの分野における連邦法の順守状況の検証が実施された。検証により、廃棄物が長期間搬出されていないことが原因でコンテナ置き場が不適切な状態になっている事実が334件明らかになった。

チェリャビンスクのエフゲニー・テフテレフ市長は、コンテナ置き場での家庭ゴミの搬出と集積に関連して、高危険度体制を市内で宣言。

市内では非常事態体制が導入され、その一環として複数の地区行政府に向け、許可されていないゴミ捨て場の閉鎖とコンテナ置き場からのゴミ撤去のための設備が至急送られた。

関連ニュース

沿海地方に日本のユニークな廃棄物処理技術導入へ

プラスチック袋80枚を飲み込んだクジラがタイで死亡

タグ
自然, 環境, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント