15:50 2018年10月22日
三菱電機、社員5人が労災認定

三菱電機、社員5人が労災認定

© REUTERS / Toru Hanai
災害・事故・事件
短縮 URL
113

三菱電機の男性社員5人が、精神障害などを発症して労災認定され、うち2人は自殺していたことがわかった。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

労災認定されたのは、システムエンジニアや研究職の社員。5人は長時間労働が原因で精神障害や脳疾患を発症し、うち2人が自殺、3人には裁量労働制が適用されていたという。

三菱電機は労災認定について、「重く受け止め、従業員の健康を守るため労働時間管理に努めていく」と発表した。

関連ニュース

観光客は自殺しよう スペインで新提案

タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント