07:30 2018年10月21日
ミクロネシアで旅客機が滑走路から海に転落

ミクロネシアで旅客機が滑走路から海に転落【動画・写真】

© REUTERS / James Yaingeluo
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30

乗客36人と乗員11人を乗せたニューギニア航空のボーイング737-800型機が、ウェノ島(ミクロネシア連邦チューク州)での着陸後に海に飛び出した。空港代表者らの話として、パシフィック・デイリー・ニュース紙が伝えている。

スプートニク日本

PX73便はミクロネシアのポンペイ島から飛び立ち、ウェノを経由してパプアニューギニアのポートモレスビーに向かう途中だった。テレビジョン・ニュージーランド(TVNZ)が指摘しているところでは、同機は日本時間28日午前7時半頃、ウェノ島の空港で着陸を行ったものの、ブレーキをかけて止まることができず、滑走路を越えて海に飛び出した。同テレビは、同機が滑走路上で停止するためには僅か160メートル不足していたと伝えている。

飛行機が水中に飛び出したあと、人々は客席から脱出し始め、その後、複数のボートに乗った地元漁師らが人々を避難させた。空港の運航管理者であるジミー・エミリオ氏の話によると、乗客と乗員は病院に運ばれたものの、重傷を負わずに済んだとウェスト・オーストラリアン紙は伝えている。

一部の外国の情報源では、今回の飛行機が成田空港(東京)から出発していたと指摘されているが、この情報は確認されていない。

タグ
びっくり, 飛行機, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント