20:03 2018年10月22日
Игровой джостик

ネット友ががんで死にそうだと知り、初めて「リアルで」会った6人【写真】

© Fotolia / Heinz Borkowsky
災害・事故・事件
短縮 URL
0 70

9月末、海外掲示板サイト「Reddit」で、5人の友人が病院に御見舞に来た時の写真が投稿された。6人は数年間、オンラインゲームを一緒にプレーしてきたが、実際に会うのはこれが初めてだった。彼らの1人、ジョーさん(23)が悪性腫瘍であるユーイング肉腫でもう長くなく、終末期ケアを行うホスピスにいることを知ったことがきっかけとなった。

スプートニク日本

投稿したカナダ人のデビッド・ミラーさんがBBCに語ったところ、写真に写るジョーさんや他の友人とはおよそ5年前に知り合った。全員が長らく、「リアルで」会いたがっていた。だがジョーさんの診断を知り、残された時間は非常に少ないと理解した。

​「やらなくてはいけないと、誰も疑いを持たなかった。」

ミラーさんによると、実際に出会っても気まずさは一切なかった。

「私たちはまるで、すでに1000回これが起きたかのように、ただ一緒に過ごしました。私たち、特にジョーにとって、これは極めて大きな意義を持ちました。私たちはずっと、これを夢見ていたのです」

関連ニュース

任天堂、がんを患うティーンエージャーの死を前にした夢を実現

ゲーム依存症はれっきとした病気 WHOが正式登録

タグ
病気, ゲーム, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント