07:31 2018年10月21日
インターポール

行方不明のインターポール総裁、中国で取り調べを受けている=マスコミ

© 写真 : Roslan Rahman
災害・事故・事件
短縮 URL
0 62

インターポール(ICPO=国際刑事警察機構)の孟宏偉総裁は、中国で取り調べを受けている。サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙が、消息筋の話をもとに報じた。孟宏偉総裁が、フランスから中国へ出発した後、1週間にわたって音信不通となっており、フランスの治安機関が、行方不明となっている孟氏の調査を行っている。5日、ラジオEurope1が伝えた。

スプートニク日本

孟氏は9月29日に中国に向けて出発したが、それ以降、連絡が取れなくなっている。

仏リヨンに子供と一緒に暮らしている孟氏の妻が、治安機関に通報したという。

孟氏は、2016年11月にインターポール総裁に選出された。その前は、中国公安省の次官を務めていた。孟氏の前任者は、2012年に就任したミレーユ・バレストラジ氏。

関連ニュース

中国、インターポール支援で国際アカデミー創設へ

マレーシア警察 金正男氏殺害事件の捜査でインターポールに協力を要請

タグ
事故, 事件, インターポール, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント