19:07 2018年12月10日
シリア(アーカイブ写真)

SANA通信:国際有志連合、禁止されている白リン弾を使用してシリア東部デリゾール県ハジンを空爆

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
災害・事故・事件
短縮 URL
1024

米国主導の国際有志連合は、シリア東部デリゾール県ハジンを空爆した際に、国際決議で禁止されている白リン弾を使用した。SANA通信が、現地の消息筋の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

消息筋はSANA通信に、「有志連合は、デリゾールから110キロに位置するハジンの複数の地区に空爆を行い、禁止されている白リン弾を使用した」と伝えた。

SANA通信によると、空爆が行われたのは13日。

米国主導の国際有志連合によるデリゾール県に対する空爆では、民間人が死傷した。シリア国営テレビ局イフバリヤが、現地の消息筋の話をもとに報じた。

関連ニュース

マスコミ:米国は、ロシアのS-300システムのシリアへの供給に対し、F-22戦闘機を使用する可能性がある

イラン、同国アフワズのテロの実行犯組織及びシリアのユーフラテス川東岸にある同組織の施設にミサイル攻撃

タグ
事故, 事件, ミサイル, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント