23:42 2018年11月20日
ガブリエル・セグン・アジャイ氏

50歳ロシア女性の夫となった「ナイジェリア王子」、ナイトクラブで心臓発作のため死去

© 写真: cherinfo.ru
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01

「ナイジェリアの王子」であるとされ、ロシアのヴォログダ州に住む50歳の女性と結婚したことで有名な32歳のガブリエル・セグン・アジャイ氏が、13日にかけての深夜、同州チェレポヴェツ市にあるナイトクラブで死去した。同市の公式サイトで伝えられている。

スプートニク日本

ナイジェリア大使館とロシア捜査委員会がこの情報を調べている。

「王子」の妻であるナタリヤ・ヴェデニナさんのでは、「王子」は「重度の心臓発作を起こし、倒れて死んでしまった。(当時)どんな薬も彼は飲んでいなかった。ただ座ってお茶を飲んでいた」という。

​ヴェデニナさんの話では、ナイジェリアの親戚らはあまりに遠方でビザの手続きも難しいため、葬儀には来ないという。ヴェデニナさんと「王子」はインターネットを通じて知り合い、初めのうち2人は電子翻訳機の助けを借りて交際していた。4年間の交際の後に結婚。2017年には双子が生まれていた。

タグ
アフリカ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント