12:41 2018年11月14日
シリア【アーカイブ写真)

有志連合のシリア・デリゾール空爆で60人超死亡

© AP Photo /
災害・事故・事件
短縮 URL
0 010

米国主導による有志連合がシリア東部デリゾール県を空爆し、民間人60人以上が死亡した。シリア国営シリア・アラブ通信(SANA)が現地の情報源の話を基に報じた。

スプートニク日本

SANAによると、空爆は2つの村、スサとブバドランで行われた。民間人62人が死亡し、数十人がけがをした。

SANAは、空爆が起きた時間を報じていない。

シリア軍筋は今週、スサ村への有志連合の空爆について伝えた。死者と負傷者の正確な数は挙げられなかった。

関連ニュース

米国率いる有志連合がシリアのデリゾールのアススサ居住区で一般市民の住居を爆撃 シリア軍部内の消息筋情報

SANA通信:国際有志連合、禁止されている白リン弾を使用してシリア東部デリゾール県ハジンを空爆

タグ
武器・兵器, ミサイル, 事件, 事故, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント