13:50 2018年11月18日
サウジアラビア

サウジ記者殺害事件で「絞殺」の可能性も メディア報道

© Fotolia / Swisshippo
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01

米ABCニュースは、今月2日から行方不明となっていた反体制派ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が在イスタンブール・サウジ総領事館で何者かに絞殺された可能性があることを明らかにした。

スプートニク日本

ABCニュースによると、カショギ氏は助けを求めて総領事館を去ろうとしたときに「絞殺」されたとの声が上がっている。

サウジ検事総長は先に、カショギ氏は総領事館にいた人物らと口論になり、「殴り合い」の末死亡したと伝えた。なお、当該事件を巡り容疑者18人が逮捕されている。

サウジのジュベイル外相は21日、米FOXニュースのインタビューを受け、容疑者について「与えられた権限を超えた行い」、「容疑者らは過ちを隠蔽しようとした」などと指摘した上で、当該事件は「大きな過ちだった」と批判した。

関連ニュース

不明カショギ記者「最後のコラム」ワシントン・ポストが公開

トランプ大統領、カショギ氏殺害事件を巡るサウジ政府の姿勢に不満

サウジ総領事 記者失踪で立ち入り検査が発表後、トルコを出国

タグ
サウジアラビア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント