09:35 2018年11月18日
米警察【アーカイブ】

米国 級友相手にカニバリズム画策の女子小学生が逮捕

© AP Photo / Susan Walsh
災害・事故・事件
短縮 URL
138

米カリフォルニア州バートウの小学校で級友20人を殺し、その生き血を飲もうと企てていた高学年女児2人が犯行未遂で逮捕された。インディペンデント紙が警察の発表を引用して報じた。

スプートニク日本

逮捕された11歳と12歳の女児は動機についてサタン(悪魔)に近づこうとしたと話している。2人は学校のトイレで弱く、小さな子どもを襲撃し、その生き血を飲み、人肉を食べようと計画していた。2人は土日にホラー映画を立て続けに見た挙句、この犯行を思いついたと話している。

警察は、2人が確実に1人は殺害する意図を持っていたものの、最終的には15人ないし25人は殺せるのではないかと期待していたことを明らかにした。

2人の不審な行動に学校側が気付き、持ち物を調べたところ、ナイフ4本、ピザ用カッター、包丁とぎ機が見つかった。

逮捕された2人は未成年者用の収容施設に送還された。

タグ
事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント