05:41 2018年11月15日
ニールス・ヘーゲル元看護師

ドイツの元看護師、患者100人の殺害を認める

© AFP 2018 / Julian Stratenschulte/Pool
災害・事故・事件
短縮 URL
105

ドイツで開かれた裁判で、ニールス・ヘーゲル元看護師が、患者100人を殺害したことを認めた。ドイツのマスコミが報じた。

スプートニク日本

1月、独オルデンブルクの検察は、97件の殺人容疑でヘーゲル元看護師を訴追した。

2017年秋、独ニーダーザクセン州の警察は、毒物鑑定の結果に基づき、ヘーゲル元看護師が106人の患者に致死性の薬物を投与した可能性があると考えていることが報じられた。

ドイツ通信社はツイッターで、ヘーゲル元看護師が患者の殺害を認めたと伝えた。

最初に疑惑を持ったのは同僚で、2005年のこと。その時の患者は薬を投与されたものの生き延びた。ヘーゲル受刑者は殺人未遂で7年半の禁固刑を言い渡された。その後、検察が数人の遺体を検死のため掘り起こしたところ、薬の痕跡が見られた。

ヘーゲル受刑者は、致死状態に患者を陥らせてその後蘇生を試み、患者の救世主として振る舞おうとしたため薬を投与したことを認めた。

関連ニュース

中国人女性、スマホをいじり続けて指が動かなくなる【動画】

インドで「ネットフリックス」依存が初めて公式に確認される

タグ
スキャンダル, 病気, 事故, 事件, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント