20:26 2018年11月15日
爆発が起きたロシア連邦保安庁(FSB)アルハンゲリスク州支局の建物の入り口付近で活動する警察官と同国非常事態省職員

露北西部の連邦保安庁の建物で爆発 1人死亡、3人負傷【動画】

© Sputnik / Владимир Трефилов
災害・事故・事件
短縮 URL
107

ロシア北西部アルハンゲリスクにある連邦保安庁(FSB)の建物の入り口付近で爆発があり、その結果1人が死亡、3人が負傷した。アルハンゲリスク州のオルロフ知事が記者らに対し明らかにした。

爆発を発生させたとみられる男は重傷を負い、これがもとで死亡した。男はFSB職員ではなかった。

ロシア国家反テロ委員会が発表したところでは、男はFSBの建物に入って鞄から正体不明の物体を取り出し、しばらくしてからこの物体が男の手の中で爆発したという。その結果、男は死亡、そばにいたFSB職員3人が負傷した。爆発を発生させた男の身元情報は入っていない。

関連ニュース

露捜査委、連邦保安庁支部の建物での爆発をテロと認定【写真】

タグ
爆発, 事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント