21:00 2018年11月17日
カショギ記者

カショギ記者はサウジ総領事館に入った直後に絞殺された=トルコ検察

© AFP 2018 / Ozan Kose
災害・事故・事件
短縮 URL
100

トルコのサウジアラビア総領事館でサウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏が死亡した事件で、AP通信は31日、トルコ検察の情報をもとに、カショギ氏は総領事館に入った直後に絞殺され、その後、遺体はバラバラにされ、処分されたと報じた。

スプートニク日本

AP通信によると、検察当局は、犯人らはあらかじめ決められた計画通りに行動したと強調しているという。

またトルコ検察は、同国のフィダン検事とサウジのモジェブ検事総長の会談について、「具体的な成果」をもたらさなかったと伝えた。

カショギ氏は10月上旬に在イスタンブール・サウジアラビア総領事館に入った後、行方不明となった。同事件の調査を行っているトルコ当局は、サウジ当局に極めて批判的なカショギ氏は領事館内で殺害された可能性が高いとの見方を示している。

関連ニュース

英国はカショギ氏誘拐計画を事前に知っていた マスコミ

河野外相、サウジ記者死亡でしっかりした捜査呼びかけ

タグ
事故, 事件, サウジアラビア, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント