10:36 2018年11月13日
国際宇宙ステーション(ISS)

ISSのロシアのコンピュータが故障するも、影響はなし=ロスコスモス

© 写真: Roskosmos
災害・事故・事件
短縮 URL
0 20

ロシア国営宇宙関連企業ロスコスモスは、国際宇宙ステーション(ISS)のロシアセグメントのコンピュータ1台が故障したが、交換する必要はなく、11月8日に再起動すると発表した。

スプートニク日本

ロスコスモスはホームページで「ISSのコンピュータ3台のうち1台の所謂ソフトウェアの準備が消えた。つまり、プログラムの故障が生じたということだ。コンピュータの機能を復元するためには、コンピュータを再起動する必要がある」と伝えた。

なおロスコスモスは、これが「ISSの稼働に影響することは一切ない」と指摘した。

正規のサイクログラムが、2台のコンピュータのみで果てしなく飛行することを可能にするという。

ロスコスモスは「11月に予定されている宇宙船『ソユーズ』とのドッキングの信頼性を確実にするために、11月8日に再起動を行う」と発表した。

関連ニュース

「ロスコスモス」、ソユーズ宇宙船打ち上げ失敗の原因を発表

NASAの飛行士、ISSに行けなかった理由を理解できず

タグ
事件, 事故, 宇宙, 国際宇宙ステーション, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント