09:00 2018年11月16日
イオン・エア機(アーカイブ写真)

インドネシアの空港で、ライオン・エア機の翼が照明灯に衝突【写真】

CC BY-SA 2.0 / Rawipad C.KKU / HS-LUO
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

スマトラ島の空港で、インドネシアの格安航空会社ライオン・エアのタンゲラン行きのボーイング737-900ER型機の翼が、照明灯に衝突した。旅客機には乗客145人が搭乗していた。ジャカルタ・ポスト紙が報じた。なお、けが人はいなかったという。

スプートニク日本

同機は運航を取りやめ、調査期間中、操縦士らは停職処分となった。ライオン・エアは事故について、地上スタッフが出した操縦士への指示が間違っていたために発生したと発表した。

先に、先週、インドネシア沖でのライオンエア航空ボーイング737MAX8の墜落事故を受けて、米ボーイング社は同じ機体を使用するオペレーターらに対し、飛行コントロールシステムのデーターにミスが生じ、パイロットがこの情報を誤読した場合、機体が激しいピッチングを起こす恐れを警告する構えを表した。

関連ニュース

タグ
飛行機, 航空, びっくり, 事故, 事件, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント