13:49 2018年11月18日
貨物列車

オーストラリアで貨物列車が機関士を乗せずに疾走 時速150キロで90キロを猛スピード【動画】

© REUTERS / David Gray
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01

オーストラリアで鉱石を積んだ268両編成の貨物列車が1時間にわたり、機関士のいないまま、時速150キロのスピードで疾走するという非常事態が発生した。幸いなことにこれによる犠牲者は出さずに済んだ。

スプートニク日本

車両は世界最大の鉱山会社BHPビリトンの所有物で、ニューマン市から西オーストリア州北部のポートヘッドランドにむけて走行していた。

なぜ機関士がいない事態が発生したかというと、列車がある駅で停車した際、唯一の機関士は車両の具合を調べようと運転席を離れた。その際、不審な理由から列車はいきなり走り出し、機関士を乗せぬままに時速150キロまでスピードをあげ、90キロほどを疾走してしまった。

このまま列車が暴走した場合、予想もつかない事態になりかねなかったため、唯一の方法として、列車は脱線させて停止された。当然のことながら、現在、列車は車両から投げ出された鉱石の山に埋まっている。

関連ニュース

ハリポタの蒸気機関車 沼にはまった家族を救出

ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始

タグ
動画, 事故, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント