10:02 2018年12月10日
裁判所

オーストラリア、イチゴへの針混入事件で女が逮捕される 復讐のために実行した

© Fotolia / WavebreakMediaMicro
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

オーストラリア北東部クイーンズランド州ブリスベンの裁判所は、スーパーマーケットで販売されていたオーストラリア産のイチゴから針が見つかった事件で、イチゴに針を混入した疑いで逮捕された女は、復讐のためにイチゴに針を混入したと判断し、有罪判決を言い渡した。テレビ局ABCが報じた。

スプートニク日本\

ブリスベンの裁判所は、マイ・ウット・トリン被告(50)は、復讐のためにイチゴに針を混入したと判断した。

被告は、経済的損害を与えるために故意に食べ物を損傷させた7件の事件で起訴されている。

これまで同犯罪に対する刑罰は最大禁錮3年だったが、今回は禁錮10年が言い渡される可能性があるという。

なお検察は、被告人の身の安全を守るために勾留を求めている。

オーストラリア全国の農家は、イチゴやその他の果物から相次いで針が見つかった事件で多額の損失を被った。数百トンのイチゴが廃棄されたという。

関連ニュース

少林寺武僧が針でガラスを突き破るスーパースロー映像が公開【動画】

「賞金800万円」イチゴに針仕込んだ犯人の情報に豪州政府が約束

タグ
食べ物, 事件, 事故, 裁判所, オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント