03:16 2018年12月18日
ドイツ、警察(アーカイブ)

ポーランド人の男、在ベルリン露大使館への侵入を図る 精神障害の可能性

© Sputnik / Zakhary Shoirer
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

ドイツで15日、精神障害者とみられるポーランド人の男が在ベルリン露大使館への侵入を試みようとする事件が発生した。男はその場で逮捕されている。同大使館が発表した。

スプートニク日本

ドイツ通信社(DPA)は先に、在ベルリン露大使館前に駐車されていた車両内で不審物が発見されたと報じている。その後爆弾処理班が出動し、現場は一時封鎖された。調査の結果、発見された不審物には「爆発のおそれ」がないことが判明した。

露大使館は「(ポーランド人とみられる)外国籍の男が、ポーランドのナンバープレートをつけた乗用車をウンター・デン・リンデン63-65に位置する露大使館前に駐車した。男は車外に出ると、保護を求めて大使館に侵入しようと試みた。現地警察がその場で男を逮捕した。男が精神障害を負っている疑いがある」と発表した。

関連ニュース

ロンドン・ヒースロー空港で不審物で乗客と職員が避難

在ベルリン露大使館でのテロ準備 独メディアが報道

タグ
事件, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント