18:38 2018年12月16日
米連邦捜査局(FBI)(アーカイブ写真)

米国、2017年のヘイトクライムが約17%増加

CC BY 2.0 / Andy L / IMG_4155
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

米国では2017年、ヘイトクライム(憎悪犯罪)が約17%増加した。米連邦捜査局(FBI)が発表した。

スプートニク日本

FBIによると、米国では2017年、ヘイトクライムが7175件報告された。2016年は、6121件だった。

最も多かったのは人種や民族を理由にした犯罪で、約6割を占めた。続いて多かったのは、宗教や性的指向だった。

人種や民族を理由にした犯罪では、黒人に対するものが最も多く、白人、ヒスパニック系と続いた。宗教を理由にした犯罪では、ユダヤ教が最多、続いて多かったのはイスラム教だった。

FBIによると、米国ではヘイトクライムが3年連続で増加しているという。

関連ニュース

北朝鮮、性的暴行が「日常的」=国際人権団体

世界の精神疾患の治療状況は深刻化の傾向 研究者らが強調

タグ
事件, 事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント