16:35 2018年12月13日
火山

人類史上最悪の年 ハーバード大研究者が選ぶ

© AP Photo / Dario Lopez-Mills
災害・事故・事件
短縮 URL
115

米ハーバード大の考古学者らと中世史学者らが、人類史上最悪の年は紀元後536年だと決定した。全地球上で超大型火山が噴火したことが理由だ。人類がこの影響から完全に脱却するには100年を要した。科学ニュースサイト「ScienceAlert」が報じた。

スプートニク日本

「ScienceAlert」によると、考古学者で中世史学者のマイケル・マコーミック氏によると、536年は黒死病で欧州の人口3分の1が死んだ1347年や、大飢饉が起きた1918年、そして1945年よりひどい。536年には大規模な戦争はなく、

536年、イタリアと南極大陸、グリーンランドで大規模な火山の噴火が起きた。研究者らは、現在のイタリアとスイスの国境沿いにあるニフェッティ峰(Colle Gnifetti)の氷河を分析し、こうした結論に至った。噴火の影響で続く約100年間、大気中に大量の噴出物が漂った。気温を下げ、干ばつと不作、大飢饉を引き起こしただけでなく、中国で夏に雪が降った。

関連ニュース

地球最古のトカゲの痕跡見つかる 米

アルゼンチンで新種の恐竜が見つかる

タグ
災害, 研究, びっくり, おもしろい, 科学, 火山
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント