17:07 2018年12月15日
米中央情報局、サウジ皇太子がカショギ記者の殺害命令を出したと判断ー米メディア

米中央情報局、サウジ皇太子がカショギ記者の殺害命令を出したと判断ー米メディア

© AP Photo / Carolyn Kaster
災害・事故・事件
短縮 URL
0 62

米中央情報局(CIA)はトルコのサウジアラビア総領事館でサウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏が死亡した事件で、サウジアラビアのムハンマド皇太子が殺害命令を出したと判断した。ワシントン・ポスト紙が16日、消息筋の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

カショギ氏は10月上旬に在イスタンブール・サウジアラビア総領事館に入った後、行方不明となった。同氏の婚約者によると、在イスタンブールのサウジ領事館職員が結婚手続きを理由に同氏を領事館に招待したものの、婚約者の方は施設に入ることを拒否された。5時間後、領事館職員は婚約者に対し、「カショギ氏はすでに立ち去った。これ以上待つ必要はない」と伝えた。

同事件の調査を行っているトルコ当局は、サウジ当局に極めて批判的なカショギ氏は領事館内で殺害された可能性が高いとの見方を示している。

関連ニュース

サウジ記者殺害 音声記録はサウジの説を否定している

カショギ記者はサウジ総領事館に入った直後に絞殺された=トルコ検察

英国はカショギ氏誘拐計画を事前に知っていた マスコミ

タグ
事件, サウジアラビア, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント