12:04 2018年12月13日
米上院

米下院倫理委員会、議員2人をセクハラで非難

CC0 / Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11

米下院倫理委員会は、セクハラ問題を受けて、共和党のマーク・メドウズと民主党のルーベン・キフエン両下院議員を避難した。米政治メディアPoliticoが報じた。

スプートニク日本

米政治メディアPoliticoによると、委員会はサイトに両議院の行為を批判する文書を公開。メドウズ議員は、事務所で差別が起きないよう措置を講じず、女性職員が秘書によるセクハラを訴えた際に対処しなかったと非難されている。

キフエン議員は2013〜17年にかけて女性に「望ましくないアプローチ」を行ったと非難されている。

10月6日には、米上院が性的暴行疑惑のある最高裁判事候補だったブレット・カバノー氏を承認したと明らかになった。

関連ニュース

グーグル従業員、NYT紙がグーグルのセクハラ問題を報じた後にストを実施【写真・動画】

中国で反セクハラ法案提出

タグ
スキャンダル, 事故, 事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント