16:34 2018年12月13日
米国と中国

中国による米テクノロジー横領の試み、米が説明

© AP Photo / Ng Han Guan, Pool
災害・事故・事件
短縮 URL
0 41

中国が2018年3月以降、コンピューターネットワークでの作戦を通じて米国のテクノロジーや知的財産を横領しようとする試みをより頻繁に実行するようになったと、ロバート・ライトハイザー氏がトップを務める米通商代表部(USTR)による報告で明らかにされている。

スプートニク日本

文書では、「2018年3月の通商代表部による結論の公表時以降、中国による米国に対する窃取の問題の頻度と程度は増大した。このような窃取の実行は、サイバー作戦によって可能となっている」と述べられている。

米国は中国について、主要なサイバー脅威の1つであると再三にわたって名指ししてきた。これに対して、中国も再三にわたり、サイバー空間でのあらゆる形態の違法行為への自国の関与を否定し、中国のインターネットにおける米国による活動について発表している。

関連ニュース

中国当局、諜報用無人機の発見者に報酬約束

米退役中将、15年後の米中戦争開戦の可能性を認める

タグ
事件, 事故, スキャンダル, テクノ, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント