16:35 2018年12月13日
センチネル族

米宣教師、野蛮人らによって殺害

© AP Photo / Anthropological Survey of India
災害・事故・事件
短縮 URL
11020

ベンガル湾のアンダマン諸島に居住し、よそ者を殺害するセンチネル族が、米国の宣教師を弓矢で射殺した。

スプートニク日本

殺害事件が起こったのは、インド当局によって訪問が禁止されている北センチネル島。原住民らが米国人を弓矢で射殺したと、ロシアメディアは伝えている。

禁止された地域に米国人がたどり着くのを手伝った地元漁師7人が警察に逮捕された。

センチネル族は最長で6万年間、外界から完全に孤立して暮らしてきたと考えられている。この種族は、よそ者とのあらゆる接触に抵抗し、よそ者を殺害しようと志向している。センチネル族は現在まで、火を手に入れる能力を持たず、狩猟や漁、採集によって生活している。

関連ニュース

60年の豪州ジャングル生活 ロシア人「ターザン」が永眠【写真】

アマゾンのジャングルで22年間1人で生活:アマゾンの孤立部族の最後の1人の動画が公開される

タグ
事故, 事件, インド, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント