19:33 2018年12月15日
安楽死(アーカイブ写真)

あの安楽死は誤りだった ベルギー史上初 患者の家族の訴え受けて警察が捜査開始

© Fotolia / Ursule
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11

ベルギー警察は、史上初めて安楽死は誤りという訴えを受け捜査をはじめた。英「ガーディアン」紙が報じた。

スプートニク日本

英「ガーディアン」紙によると、警察は、ある女性患者の安楽死の要請を承認した3人の精神科医の捜査をはじめた。

患者のティナ・ニス氏(当時38)は、自閉症の特殊な形態であるアスペルガー症候群で苦しんでいた。彼女は、2010年に麻酔によって安楽死された。

ニス氏の家族は、医師らが毒殺を図ったと批難し、2017年に警察に通報した。家族らによれば、安楽死の処置は多くの違反を伴っていた。起訴された医師の1人は、ニス氏の家族について、「これは傷ついた、精神的に不安定な家族だ。彼らは周囲に対して共感と敬意をほとんど払っていない」として、ニス一家がこの先の行動を起こさないようにすべきだと述べている。

ベルギーでは、精神疾患が「重症で不治」であることが確認された場合、その患者への安楽死が認められている。2002年以降、ベルギーでは1万人以上が合法的に安楽死された。

関連ニュース

ベルギー警察、交通違反の罰金を取らないように

ベルギーと英国の首相らの車列が交通事故に遭う=マスコミ

タグ
健康, 事件, 事故, 警察, ベルギー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント