10:02 2018年12月10日
ベッソン監督(アーカイブ写真)

「ベッソン監督が性的暴行」 さらに5人が非難

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova
災害・事故・事件
短縮 URL
0 22

フランスの映画監督、リュック・ベッソン氏から性的暴行を受けたとして、さらに5人の女性がベッソン監督を非難した。フランスのネットメディア「メディアパール」が伝えている。

スプートニク日本

この5人は、ベッソン監督の映画学校の元学生2人、元アシスタント、ベッソン監督の制作会社「ヨーロッパ・コープ」の元社員のほか、元モデルのカリーヌ・イスランベルさん(イスランベルさん以外の女性の名前は明らかにされていない)。

女性らによる声明の中で挙げられている出来事は、1995~2016年のことだとされている。中でも、ベッソン監督の元アシスタントは、強制されて監督とセックスを行ったと述べている。

先にメディアパールは、ベッソン監督から性的暴行を受けたとしてベッソン監督を非難した4人の女性について伝えていた。そのうちの2人は、女優のサンド・バン・ロイと、名前が明かされていない元キャスティングディレクターで、2人は監督によって強姦されたと述べていた。それ以外の2人の女性は、パリにある監督の事務所でのキャスティングで監督による性的暴行にさらされたと主張している。

タグ
事件, びっくり, セクハラ, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント