01:12 2018年12月19日
ドイツ銀行(アーカイブ写真)

ドイツ銀行 マネーロンダリングの疑いでオフィスが家宅捜査

© REUTERS / Toby Melville/Files
災害・事故・事件
短縮 URL
0 60

独フランクフルト・アム・マイン検察はマネーロンダリングの疑いでドイツ銀行の数か所のオフィスにおいて家宅捜査を実施している。ハンデルスブラット(ドイツ経済新聞)が検察長官の声明を引用して報じた。

スプートニク日本

フランクフルト・アム・マイン検察のナーデャ・ニーセン長官によれば、捜査は今夏から行われている。捜査は2013年から2018年の時期に限り、ドイツ銀行の50歳と46歳の2人の社員および他の責任者の行動に対して行われているが、実名は明かされていない。

法規則調整課で働き、少なくともそのうちの1人が違法オペレーションおよび資金の違法な送金に責任がある。捜査は指導部にも及んでおり、ハンデルスブラットによれば、警察は幹部のシルヴィア・マテラト役員も捜査している。

ヴェルト紙によれば治安維持機関はドイツ銀行が自分のクライアントに対しオフショア会社の開設を助け、そのマネーロンダリング犯罪で得た資金の送金をドイツ銀行に行っていたものと疑っている。

関連ニュース

独仏 対露制裁の厳格化に反対

EU、米制裁にもかかわらず平和目的の原子力分野でのイランとの協力継続へ

タグ
事件, 事故, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント