10:00 2018年12月10日
三菱自動車

三菱ロシア、アウトランダー6万台をリコール

© Flickr/ Mitsubishi Photos
災害・事故・事件
短縮 URL
112

ロシア連邦技術規則・計量庁(ロススタンダルト)は、三菱自動車のSUV「アウトランダー」の大量リコールを発表した。2012年7月から2014年12月に製造されたアウトランダー6万3415台が対象となる。運転席下にある配線コネクターが溶ける恐れがあることが理由だ。

スプートニク日本

リコール対象のトヨタのSUV「C-HR」の持ち主にはメールの一斉送信や電話によって報告される。所有者は修理作業を行うため、直近のディーラーセンターで代替車を提供される。回収した車では、不具合がある可能性がある箇所のコネクターが変更される。作業は全て無料。

1日10月三菱自動車はパーキングブレーキに不具合の恐れがあるため、ロシアで約14万5千台をリコールしている。ロススタンダルトがサイトで発表した。

関連ニュース

ポルシェ、ディーゼルエンジン撤退へ

日産、排ガスデータ改ざん認める

タグ
クルマ, テクノ, 事故, 事件, 三菱, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント