01:12 2018年12月19日
中国にあるアップル

アップル、中国で従業員が収賄の可能性を調査=WSJ

© AFP 2018 / Anthony Wallace
災害・事故・事件
短縮 URL
120

アップルは今年5月、中国で従業員がサプライヤーからの収賄や買収を含む不正行為を行った可能性を調査したことがわかった。ウォールストリート・ジャーナルが30日、関係者の話として伝えた。

スプートニク日本

同紙は、中国でiPhone用の非電気部品の供給を担当するアップルのマネージャーグループで今年、人事異動があったことに着目。5月には2人の上層部と2人の部下がこのグループを抜けた。

同紙が伝えるところ、アップルには数千のサプライヤーと、米中で働くそれらサプライヤー担当のマネージャーがいる。従業員はあらゆる形の贈り物の受取りや、相手側が経費を負担する食事すら厳しく禁じられている。

アップルはウォールストリート・ジャーナルの質問に対し、従業員が賄賂を受け取った証拠はないとした一方で、調査結果の公表を控えた。

関連ニュース

中国の高温核融合炉、太陽の6倍熱い1億度に到達

中国のスタートアップ、街頭や地下鉄に人工知能を備えた「診療ボックス」設置へ

タグ
事件, 事故, スキャンダル, Apple, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント