03:55 2018年12月17日
フランスの警察(アーカイブ写真)

マクロン氏降伏も週末にパリで新たなデモか AP通信

© AFP 2018 / PATRICK KOVARIK
災害・事故・事件
短縮 URL
250

マクロン仏大統領は燃料税の増税への抗議を端緒とした「黄色いベスト」運動を受けて増税延期を発表したが、数日以内にパリでまた抗議運動が予測されている。AP通信が報じた。

スプートニク日本

パリ警察や店舗は暴力・破壊行為を伴うデモが休日にまた行われる可能性があると警戒している。デモのきっかけとなった増税の延期を発表し、マクロン氏が「降伏」したにも関わらず、先行きは依然不透明だ。

フランスにあるデモ
© Sputnik / Irina Kalashnikova
警察と地元当局は対策戦略を練り上げるため、複数回の会合を行った。抗議側は一方、インターネットでデモの計画を共有した。パリ中心部にある多くの店舗や飲食店は土曜日、破壊行為が繰り返される恐れから閉店措置をとる。

AP通信は、凱旋門とシャンゼリゼ通りの店舗への損害を防げなかったことと、デモ隊に暴力を行使したことでパリ警察は批判を受けていると付け加えた。

関連ニュース

仏政権 来年中の燃料税引き上げ断念へ 相次ぐデモ受け

フランス抗議デモ 死者3人 一部は暴徒化し、凱旋門内を破壊

タグ
警察, 抗議, 事故, 事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント