17:44 2019年01月21日
シリアの首都ダマスカス

イスラエル、民間機が空港に着陸進入した時にシリアを攻撃=露国防省

© 写真 : SANA
災害・事故・事件
短縮 URL
0 119

ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は26日、記者団に、イスラエルが25日にレバノン領内からシリアの首都ダマスカス近郊をミサイル攻撃したことについて、イスラエルはレバノンの首都ベイルートの空港とダマスカスの空港に民間機が着陸進入した時にシリアをミサイル攻撃したと発表した。

スプートニク日本

報道官は、「イスラエル空軍は、ベイルートとダマスカスの各空港にロシアではない国の民間機が着陸進入した時に攻撃した」と述べた。

先に国営シリア・アラブ通信社は、イスラエル空軍が深夜にダマスカス近郊をミサイル攻撃したと報じた。大半のミサイルは迎撃したという。またシリアの兵士3人が負傷、弾薬庫が損傷したと報じられた。

攻撃は前例のない長さで、1時間30分以上続いたという。

関連ニュース

シリアからの米軍撤退を指示する文書はすでに署名されている

NYの女性 ビットコインによるテロ組織への資金調達で有罪判決

タグ
飛行機, 事故, 事件, 武器・兵器, イスラエル, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント