01:35 2019年10月22日
マグニトゴルスクから救助の乳児 呼吸器外され、自発呼吸に【動画】

マグニトゴルスクから救助の乳児 呼吸器外され、自発呼吸に【動画】

© Sputnik / Ministry of Health
災害・事故・事件
短縮 URL
0 70
でフォローする

マグニトゴルスクからモスクワに緊急搬送されていた乳児は体力を回復し、人工呼吸から自発呼吸へと切り替わった。ロシア保健省報道部が明らかにした。

スプートニク日本

31日の大晦日にロシア、チェリャビンスク州マグニトゴルスクの10階建て集合住宅でガス爆発が発生。これにより現時点で39人が遺体で見つかっている

露マグニトゴルスク、集合住宅倒壊の犠牲者の告別式はじまる
© Sputnik / Press service of the EMERCOM of the Russian Federation in Chelyabinsk
保健省によれば、奇跡的に救助された生後10か月のヴァーニャ・フォーキンちゃんは4日前にモスクワの救命外科外傷病院に運ばれ、24時間体制で上級専門家らによる看護を受けている。ヴァ-ニャちゃんは前日に人工呼吸器が外され、酸素補給が行われながら、自発呼吸へと切り替わった。医師団による24時間体制の看護は引き続き行われている。

ヴァーニャちゃんは爆発事故から35時間も経過した時点でマイナス30度もの極寒の中、がれきの下から救助され、元旦に飛行機でモスクワへと運ばれた。布団にくるまれ、ベッドの中にいたことが幸いし、生存することができた。保健省の発表では、ヴァーニャちゃんは重度の凍傷および外傷性脳損傷を負っている。ヴァーニャちゃんの両親は爆発後、すぐに救助されて無事だった。

タグ
事件, 事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント