23:47 2019年03月21日
フランス警察

日本人留学生行方不明事件 元交際相手で容疑者の消息不明

© AFP 2018 / Anne-Christine Poujoulat
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03

フランス東部の都市ブザンソンに留学していた筑波大生、黒崎愛海さんが行方不明になっている事件で、チリ人で元交際相手のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者の消息が不明になっていることが明らかになった。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

朝日新聞の報道によると、セペダ容疑者はチリ北部の自宅や同国の首都サンティアゴの職場にも姿を見せていない。

仏検察当局は当該事件を巡りセペダ容疑者を国際指名手配している。一方、チリ当局は同容疑者の身柄引き渡しに応じない姿勢だ。

黒崎さんとセペダ容疑者は日本で知り合い、2015年2月から交際開始。その後、筑波大に留学していた同容疑者が帰国し、さらに黒崎さんがフランスに留学したことで疎遠になり、16年10月に関係を解消したと報じられている。同容疑者は黒崎さん殺害容疑を否認している。

黒崎さんは16年12月から行方不明になっている。仏検察当局は殺人事件とみて捜査していたものの、昨年11月19日には捜査の終結を発表した。

タグ
殺害, 事件, 日本, チリ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント