00:41 2019年09月23日
衛星(イメージ)

露の人工衛星、大気圏で焼失させ廃棄

CC0 / Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30
でフォローする

人工衛星「コスモス2430号」について、5日に大気圏内で燃え尽きたことをロシア航空宇宙軍が確認した。

スプートニク日本

2007年に打ち上げられた同衛星は、2012年に同国の軌道グループから退役となったと指摘されている。1月には、同衛星を計画通りに軌道から離脱させたという。

航空宇宙軍司令部による発表では、「モスクワ時間で1月5日の9時48分(日本時間で同15時48分)、ロシアの軍用人工衛星『コスモス2430号』が計画通りに軌道から離脱させられた」と述べられている。

同衛星は、大西洋上空およそ100キロの高度で、高密度の大気層の中で完全に燃え尽きた。

関連ニュース

タグ
宇宙, テクノ, 衛星, ロスコスモス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント