04:04 2020年08月12日
災害・事故・事件
短縮 URL
124
でフォローする

米国人乗客らがロシアの航空会社「アエロフロート」を訴えた。ロシア司法情報局(RAPSI)が入手した文書を引用して明らかにした。

スプートニク日本

米国人らは道徳的損害に対して総額360万ドル超の賠償請求を行った。彼らによると、彼らは、搭乗手続きに不備があったため、シェレメーチエヴォ国際空港のフライトに遅れた。

米イリノイ州北部地区連邦裁判所へ提出されたの告訴状によれば、彼らはアエロフロート社の規則通り、乗客の搭乗が打ち切られることになっている出発15分前には搭乗口に到着していた。彼らによると、彼らは2500ドルで新しいチケットを購入し、空港で一晩を過ごしたが、航空会社側からの支援提供は行われなかった。

原告らは、アエロフロート社が故意に「汚職および組織的な犯罪集団の影響下にある団体に関する」米国法に違反し、モントリオール条約に定められた航空輸送規則を遵守していないとの見方を示している。

タグ
飛行機, びっくり, 事件, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント