00:35 2019年11月19日
カムチャツカのベズイミャンヌイ火山が噴火開始 これまで1年超「沈黙」

カムチャツカのベズイミャンヌイ火山が噴火開始 これまで1年超「沈黙」

© Sputnik / I. Nosov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

カムチャツカ半島のベズイミャンヌイ火山で、21日にかけての深夜、爆発的噴火が火山学者らによって記録された。

スプートニク日本

情報によると、同火山については、火山活動を示すコードのうち危険度が最も高い「赤」が発表されている。近隣の居住区に火山灰が降ったかどうかの追跡は、悪天候が原因となって今のところできていない。

取材を受けた関係者は、「噴火は、現地時間の4時10分に発生した。火山灰の爆発的な放出は、海抜およそ10キロの高さに達している。噴煙はマガダン州方面に向けて600キロの範囲に広がり、その後マガダン市に到達した」と明らかにしている。

ベズイミャンヌイ火山は1年を超える期間、活動を示してこなかった。同火山が前回、最後に噴火したのは2017年12月10日。

関連ニュース

エベコ火山 年明け初めて高さ1500メートルの噴煙柱

タグ
事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント