00:46 2020年09月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 83
でフォローする

島根県出雲市の水産会社「利見水産」の所有するベニズワイガニ漁船「第68西野丸」がロシアの警備艇に連行されていたことが2日、明らかになった。時事通信が報じた。

スプートニク日本

時事通信によると、連行されたのは先月30日朝。第68西野丸が日本海でベニズワイガニ漁を行っていたところ、ロシアの警備艇に連行された。この漁船には「利見水産」社長の利見秀治さんなど、合わせて10人が乗っているとの情報が入っている。

露メディアによると、第68西野丸は30日、取調べのため露警備艇の随伴で日本海北西部、ピョートル大帝湾東部のナホトカ港に向かった。31日には同港に到着している。

第68西野丸が連行された理由については明らかになっていない。現在、島根県などが詳しい状況を確認している。

関連ニュース

クリル近くで日本漁船に罰金 日本は露に抗議

タグ
事件, 戦争・紛争・対立・外交, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント