06:11 2019年04月22日
日本海

島根のカニ漁船 船長が違法操業を否定

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
災害・事故・事件
短縮 URL
0 18

ベニズワイガニ漁船「第68西野丸」がロシアの警備艇に連行された問題で、同漁船の船長が違法操業を否定していたことが明らかになった。日本経済新聞が報じた。

スプートニク日本

島根県出雲市の水産会社「利見水産」の所有するベニズワイガニ漁船「第68西野丸」は先月30日、日本海でベニズワイガニ漁を行っていたところ、ロシアの警備艇に連行された。

日本経済新聞によると、漁船はロシアの排他的経済水域(EEZ)に無許可で進入し、違法に漁をしていた疑いが持たれている。

漁船は同日、取調べのため露警備艇の随伴でナホトカ港に向かった。在ウラジオストク日本総領事館によると、船員10人の健康状態に問題はない。

タグ
露日関係, 戦争・紛争・対立・外交, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント