07:28 2019年09月22日
シロクマ

シロクマの進撃 ロシア北部で緊急事態を発動【写真】

© Sputnik / Bera Kostamo
災害・事故・事件
短縮 URL
113
でフォローする

露アルハンゲリスク州の北極海に浮かぶノヴァゼムリャ列島で50頭ものホッキョクグマの進撃を受け、緊急事態が発令された。攻撃的な行動として、人への攻撃や住居・オフィスへの侵入などが確認されている。襲撃は地元当局だけでなく、現地に住む人もインスタグラムで報告している。

スプートニク日本

ノヴァゼムリャ列島の中心地、ベルーシャ・グバ市だけでも52頭のホッキョクグマが確認された。

​保護者は子供を幼稚園や学校に行かせることを恐れている。クマはすでに騒ぎや人に慣れ、撃退用の光やノイズ信号、犬を連れた警察官に反応しない。だがホッキョクグマは絶滅危惧種であるため、射殺は法律で禁じられている。

​現地当局は仕事場や教育機関に人々を送り届けるための特別交通経路を組織。幼稚園や学校はフェンスで覆われた。現地当局サイトには、ホッキョクグマに遭遇した場合、どう行動すべきかを記載した対策も掲載されている。

​世界最大手自然保護団体の世界自然保護基金(WWF)は、気候変動により氷の面積が減少したほか、不適切に餌を捨てて匂いでクマを引きつけている人間の行動が引き起こした現象だとしている。

​ロシア連邦自然利用監督局はアルハンゲリスク州とノヴァヤゼムリャ連邦管区長、国防省に対し、クマを引きつけていると見られる生活ゴミのゴミ捨て場処理問題について連絡を取った。

タグ
自然, 環境, 地球温暖化, 動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント