04:16 2019年07月23日
中国広東省・広州市

中国当局、伊藤忠社員を1年以上に渡り拘束 詳細な容疑は不明

© Flickr / Beryl_snw
災害・事故・事件
短縮 URL
425

大手総合商社・伊藤忠商事に勤める40代の日本人男性社員が昨年2月、中国広東省・広州市の国家安全当局に拘束されていたことが明らかになった。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

朝日新聞によると、日本政府は男性の拘束が1年以上に渡り続いており、広州市の裁判所で初公判が終わっていると認めた。

中国外交部は拘束中の日本人男性について「中国の法律に違反した」と説明しているものの、詳しい容疑については明らかにしていない。一方、日本政府も14日夕の会見で男性の容疑についての詳細な説明は控えた。

関連ニュース

河野外相、3月下旬にも訪中 経済対話で協力強化

中国 ベネズエラ問題で国連憲章の原則を尊重し、内政干渉の排除を呼びかけ

タグ
事件, 日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント