22:33 2019年03月22日
カムチャツカのカリムスキー火山 火山灰の雲が20キロ超にわたって広がる

カムチャツカのカリムスキー火山 火山灰の雲が20キロ超にわたって広がる

© Sputnik / Mikhail Nikitin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

カムチャツカのカリムスキー火山が、火山ガスと火山灰の混ざった噴煙を海抜2000メートルの高さまで噴き上げている。5日、カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

スプートニク日本

火山灰の雲は、カリムスキー火山から北東の方向20キロにわたって広がっている。

KVERTは、危険度が2番目に高いオレンジ色の航空コードを発表した。なお火山付近では国際線の飛行はおこなわれ ていない。

カリムスキー山には、4段階の航行危険度を示すカラーコードで上から2番めの「オレンジ」が設定されている。オレンジコードは、航行に影響し得る上空4〜6kmに達する噴煙がいつでも吹き上がる可能性があることを意味する。

カリムスキー山はカムチャツカ半島東部、ペトロパブロフスク・カムチャツキーから115キロに位置する。標高は1486メートル。

火山関連ニュースはこちら

タグ
火山, カムチャツカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント